あえば直道氏は今注目の政治評論家です。
確かな目を持つ人物として高い評価を得ています。
アメリカの共和党全米委員会で顧問を務めており、アジア担当としての手腕は委員会内でも評判です。
2012年にアジア人で唯一、共和党全米委員会の顧問として就任して以来、アメリカの共和党関係との信頼関係は深く、日本とアメリカを繋ぐ重責も担っています。
2015年には、一般社団法人JCUを設立し、共和党の支持母体の全米保守連合(ACU)の日本側パートナーとなっています。
日米共に重要なポジションに立ち、その影響力は大きく、政治評論家としての地位は確かなものです。
著作として、2011年に発売の「最強国家」が知られています。
長引く不況から抜け出せぬ日本の起死回生の一手として、鋭いビジョンが描かれていると評判になりました。
あえば直道氏は実行力の有る政治評論家です。
実務能力の高い評論家ですので、多くの支持者が居ます。
日米の関係が不透明になりつつ今、あえば直道氏に期待を寄せる声は多いです。