いつまでも親は元気だと思っていたのですが、病気になってしまい寝た切りになってしまったのです。
私佐々木正臣は、自分の老後について親の姿を見ながら考えてしまいました。
努力しても病気になってしまった時は仕方ないけれども、今から何か始める事で防ぐ事もできるのではないかと考えるようになりました。
特に食事などは大切だという話をTVで聞いた事があったり、食生活によってガンや脳梗塞になりやすいという話もネットに載っていたのです。
内臓は元気でも体力作りをしていないと、運動機能が衰えやすくなったり寝たきりになるとも知りました。
そこで普段そこまで食生活や運動に気をつけていない自分がいる事を感じ、対策を行わないといけないと思いました。
食事でもバランス良くしようと思い、栄養素の勉強をするところから始めてみたのです。
運動も会社の帰りにジムに通い、無理のない範囲で汗をかくくらい動くようにしました。
これからも元気でいる為に、頑張っていこうと思っています。