全て梱包資材の裁断が終了したら、次は切り終わった梱包資材を組み立ててアルバムの形に作り上げる。その時に必要なものはのり又はボンドまたはガムテープと洗濯ばさみで出くれば2人居ると梱包資材が組み立て易くなる。梱包資材ののりしろにボンドを適量伸ばしていく。ボンドをつけすぎると乾燥させるのに時間がかかるし、ボンドが足りないと梱包資材をあわせる部分が接着されないので注意が必要だ。梱包資材が合わさったら剥がれないように洗濯ばさみで固定しておこうこうする事で梱包資材の他ののりしろの部分の作業が行なう事ができるので時間の効率が良くなる。ボンドの代わりにガムテープを使用する場合は梱包資材を乾燥させる必要がなくなるので更に時間の節約になる。こうして出来上がった梱包資材を利用した箱にアルバムを入れてみて、少し余裕があるような梱包資材の大きさだったら完成だ。アルバムを衝撃から守るために出来ればアルバムを発泡素材で包むと良い。→関連ウェブサイト←