東海地方に近い神奈川では、住宅の耐震性能が気になることでしょう。
東海地震に限らず、伊豆や伊豆大島が近く、活火山富士山の活動もあり、尚且つ東京直下型地震の心配もあります。
そうした心配を軽減してくれる住宅があります。
それが地震の揺れを軽減するGVAによる施工です。
地震のエネルギーを壁に設置した筋かいに似た装置でエネルギーに変換し、建物のゆれを1/2以下に抑えることができます。
金属製のもので、柱を筋かいのように設置し、柱との金属の間に稼動します。
この稼動部分で揺れエネルギーを熱に変換するのです。
また柱と柱の接続部分も金物でとめ、より破壊にも強い造りになっているようです。
耐震では揺れると大掛かりな修理が必要です。
免震では維持コストがかかります。
GVAは、震動をエネルギーに変え、メンテナンス要らずだそうです。
昨今では、このような優れものの家が造れるのです。