日本人が発症するがんで多いものの中に大腸がんがあります。
早期発見すれば、大事には至りませんがもし発見が遅くなれば死に至るおそれがあることはご存知のことと思います。
そんながんの早期発見に欠かせないのが、大腸内視鏡です。
しかし、苦痛を伴うと聞きます。
また、検査前に飲む下剤が美味しくないとも聞きます。
そんなことを聞くと、検査をすることに躊躇してしまいますよね。
出来たらしんどくない、苦痛のないまま検査を終えたいものです。
そんな願いをかなえてくれる病院が千葉にあります。
千葉中央クリニックです。
千葉中央駅のすぐ近くにあるこちらの病院では、大腸内視鏡を受ける患者の負担を軽減する工夫を凝らしています。
腸を伸ばさない挿入法で内視鏡を入れることにより、負担を軽減しているとのことです。
もちろん、スキルのある専門医が行ってくれますので安心です。
また、下剤についてもスポーツドリンクのような飲みやすい味にしてくれているそうなのですんなり飲むことができるでしょう。
時間は下剤服用から検査までが3時間、検査自体は10分から20分ほどでできます。
どんな病気も早期発見が重要です。
早く見つけることで、後遺症もない元気な身体をとり戻すことができます。
是非一度、検査を受けてみてください。