医師になるためのステップアップとして、研修医制度があります。
一定の期間、病院で研修を受けることによって、ようやく一人前の医師となることができるのです。
医学部を卒業して、国家試験に受かったらすぐに医師になれるというわけではないのです。
医師になるためには、たくさんの実習や研修を受けていかなくてはなりません。
研修医として働く期間は、いろいろとあります。
卒業後から数年間は、研修が必要になってきますね。
東京にはたくさんの病院がありますから、研修医を募集しているところも多いですよ。
東京の新宿区にある東京医科大学病院でも、シニアレジデントの募集を行っています。
これからシニアレジデントとしてチャレンジしてみたいと思っている方は、こちらへ応募してみてはどうでしょう?
東京医科大学病院には、整形外科があります。
こちらの科では、関節外科や、脊椎脊髄外科や、スポーツ整形外科や、救急外傷などの研修を受けることができるようになっています。
将来的には整形外科医を目指したいという方にとっては、最適な環境であると言えます。
シニアレジデントの募集の詳細については、東京医科大学病院のホームページでチェックしてみてくださいね。http://www.tokyo-med.ac.jp/ortho/news/senior_resident.html