いま、若い人を中心に車離れの傾向が出てきています。
経済不況のまっただ中で、車の購入費用のみならず、維持費やガソリン代、駐車場代などを考えると、コストが跳ね上がってしまうからのようです。
だからといって、車がなければ不便を感じるときだってあるはず。
そこで、いまカーシェアリングがもてはやされているのでしょう。
自分の使いたいときだけ車を借りるというカーシェアリングは、使用頻度の低い人にはうってつけのサービスと言えます。
私の知人には、2週間に1回、スーパーに買い物に行くときだけカーシェアリングを使う、という人もいるぐらいです。
そんな人が仮にマイカーを持つとしたら、コストパフォーマンスが合わないことは火を見るよりも明らかです。
そんな意味でも、カーシェアリングの流れが出てきたことは自然な流れだと私は考えています。