焼酎の人気は続いていますね。
私自身もそうですが、辛党で日本酒という方も、経済性とか健康を考えて、日本酒から焼酎にという方が増えたようです。
そして、甲類の日本酒は若者、乙類の本格焼酎は中年以降というのが多いように感じます。
また、女性の場合には、焼酎を炭酸水と果実等で割った、いわゆるチュウハイの品数も増えて、こちらにはまっている方も多いようです。
乙類の焼酎がすきなのですが、これも、芋、麦、蕎麦他種類が多いですが、私は比較的癖のない飲み口の蕎麦焼酎のロックが好きです。
このパターンは、一年を通して変わりません。
料理というか肴を選ばないと言う所もいいかと思います。
しかし、息子は、芋焼酎派。
あの独特の癖というか、香りが口に広がる感じがいいと言います。
そして家内は酔ったらということで、もっぱら炭酸水割りというところ。
今や、晩酌が焼酎というお家が増えてきたのは、妙な話ですが、不燃ごみの日などに何気なく目にする、瓶や缶類を見れば分かるようで、これも時代を現しているでしょうか。
詳しくはこちら