日本の人の特徴として、顎が引っ込んでいる人が多くいて、それが返ってコンプレックスになってしまう人もいます。
メイクや洋服などの工夫で、それをフォローすることもできますが、夏などはどうしてもできない場合などあるでしょう。
いつまでもコンプレックスを抱いているのであれば、それが原因で気持ちが沈むのであれば美容整形を受けてみるのも良いでしょう。
顎の美容整形の方法として、プロテーゼというものがあります。
これは下唇の裏側を2,3センチ切開して、そこからシリコンであるプロテーゼを抽入します。
若い方はとても可愛らしく、そして知性的な感じになりますし、中年の方は顔全体が締まり、しかも若く見えるだけでなく、上品に見えるようになります。
この施術はそう時間がかからず、10分程度で手術も終えます。
しかも、口の中を切開することで、粘膜が傷を早く治すのです。
コンプレックスを抱いているのであれば、整形をすることで解消されます。
もし、まだ不安というのであれば、一度美容整形外科の顎プロテーゼの施術方法をホームページをご覧いただき、確認をしてください。
疑問に思ったことは、メールをして質問をしてみましょう。
まずは、ホームページの閲覧です。